老親のアパートを管理する

こんにちは。
家族信託専門の行政書士 えんたけです。

相続に関する規定が、7月に変わります。
亡くなった方の預金を引出すには、相続人
全員の同意が必要ですが、7月から相続人
の一人で一定金額を引出すことができます。
詳しくは、以下を参照ください。
「争い回避へ変わる相続 7月から、
 介護「嫁」も請求権」
今年1月、自筆証書遺言の要件緩和がスタート
来年7月には、自筆証書遺言を法務局で保管
する制度もスタートします。

このホームページでは、今後も役立つ情報を、
ドシドシ提供してまいます!

老親のアパートを管理したい

父が、運転免許更新前の「認知機能検査(いわゆる認知症テスト)」を受けて医者の診断書を提出するように言われてしまいました。
築50年のアパートを修繕か建直しを検討していた矢先の事で、とても驚いています。
認知症は、進行が早い場合があると聞いて、焦っています。
どうしたらよいでしょうか。

それは大変ですね。
お医者さんの診断結果はどうでしたか?

一応は「問題ない」と言われました。
でも、物忘れはあるんですよ。

お父さんの状況によっては、対策を進められない場合があるので、早速、検討してゆきましょう。

対策をしなかった場合

万が一、対策せずお父さんが認知症になった場合、アパートの管理・修繕、新たな賃貸借契約、取り壊し、建替え、アパートや土地の売却は、難しくなります。

そうですよね。テレビで観たことがあります。
「成年後見制度」を使うことで、解決するとも聞いています。

はい。お父さんに「後見人」をつけることで出来ることはあります。
できるのは、アパートの管理、雨漏り等の修繕、新たな賃貸借契約。不動産の売却も、家庭裁判所がOKすれば進められます。

アパートが古いので、今っぽくリフォームをして、入居者を増やしたいのです。
建替えも視野に入れています。

難しいと思います。そのような使い方って「投資的」とみなされ、できないとされています。
「現状維持」が基本になってゆくでしょうね。

そうなのですね・・・。
私が近所に暮らしているので、私が後見人になりたいのですが。

長女さんが後見人になれるとは限りません。
最終的には家庭裁判所が選ぶのですよ。
最近の傾向としては、7割以上が専門職(弁護士・司法書士等)が選ばれています。
(東京家庭裁判所後見センター資料より)

えぇ!そうなのですか。

お父さんの預金や印鑑等、全ての財産を後見人が管理することになります。
さらに、後見人への報酬として、月2万円以上を支払わなければなりません。
お父さんの財産は、、、4千万円ほどですね。すると、月3~4万円を、お父さんが亡くなるまで支払い続けることになるでしょう。

親のお世話を、子供が全部できないのでしょうか・・・。

対策その1 任意後見契約をする

任意後見契約も検討してみましょう。
お父さんの判断能力があるうちに、長女or長男さんと任意後見契約を結びます。
こうすることで、お父さんが認知症になった場合でも、子供さんが後見人になって、
お父さんの財産管理、アパートの管理もすることができます。

そうなんですね。

ただし。なんでも出来るわけではないのです。

例えば?

先程「アパートの大規模なリフォーム」「建替え」を考えているって、言ってましたよね?
先程と同じく「投資的」なお金の使い方は、難しいとされているのです。

そうなんですか!?

はい。もちろん、アパートの管理、雨漏り等の修繕、新たな賃貸借契約はできますよ。

そうか~。私達の代のことを考えると、厳しいな~。

もうひとつ方法があります。『家族信託』です。

対策その2 家族信託

その『家族信託』なら、大規模リフォーム、建替えができるのでしょうか?

可能です。
お父さんも希望されているのですよね?
であれば、可能です。
銀行の借入もできます。

家族信託について詳しく教えてください。

お父さんを「委託者&受益者」長女さんを「受託者」とする信託契約を結び、お父さんのアパート等を長女さんに、託します。
長女さんは、託された財産の管理や、必要に応じてリフォームを行うこともできます。

アパートの賃料収入はどうなりますか?

賃料収入は、お父さんのものです。
生活費・介護費等、お父さんの生活に使用することができます。

私達の希望を実現するなら『家族信託』が良いですね。

そのようですね。
ただ、アパートも大切ですが、お父さんの生活を支えてゆくことも大切です。
家族信託だけではカバーしきれない部分も出てくるかもしれません。
その場合、家族信託と任意後見契約を併用することで、より安心できると思います。

お問合せは、コチラ
えんたけ行政書士事務所
TEL:0256-55-6139  <10時~19時 (土日・祝日を除く)>
メール:info(アットマーク)entake.net

配偶者の認知症対策 その1

こんにちは。
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
先日のブログの約束が守れそうです。
誰との約束か? 『自分との約束』です。
人との約束も大切ですが、
私は『自分との約束』が一番大切と思います。
ナゼ? 理由は2つ。
1、自分との約束が守れれば、人との約束も
  守ることができますし、
2、約束を守ることで、自分を承認できる
  からです。
さあ、今日は、『配偶者の認知症対策』です。

お父さん
お父さん

私の妻は、重い認知症です。
私も80歳になりました。
もし、私の方が早く亡くなった場合、妻が安心して生活できるようにしてあげたい のですが。

そうなのですね。
お父さんが元気なうちに、対策をしておきましょう!

えんたけ
えんたけ

一家の家族関係

お父さん
お父さん

夫婦二人暮らしです。妻はデイサービスへ通って
いますが、在宅介護に限界を感じており、
施設へ入ることを考えています。

在宅でがんばってこられたのですね。

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

長男は遠方で暮らしています。
長女は、結婚し同じ街で暮らしています。

対策せずお父さんが亡くなった場合

お父さんが何の準備もせず亡くなった場合、財産相続するには、相続人である妻、長男、長女の遺産分割協議を行わなければなりません。

えんたけ
えんたけ


 妻は認知症です。遺産分割協議をする事が
できません。このため、相続手続きをするに
は、妻に後見人を付けその後見人が長男、長
女とともに遺産分割協議をする必要がありま
す。

お父さん
お父さん

え!後見人が必要なんですか!

しかし、手続きが終わったからと言って、後見人を外すことはできません。妻が亡くなるまで後見人が付き続けることになります。

えんたけ
えんたけ


 前回も書きましたが、専門家(弁護士等)が
後見人になった場合、月2万以上の報酬を奥さ
んが亡くなるまで支払い続けることになります
し、奥さんの財産は後見人が管理し続けること
になります。

お父さん
お父さん

妻のお金は後見人が管理するのですか?
子供がいるのに・・・?

後見人は、裁判所が選ぶのです。
最近は、後見人の7割は専門家(弁護士・司法書士等)が選ばれているんですよ・・・。
(最高裁判所事務総局家庭局より)

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

どうしたら良いでしょう?

お父さんが「遺言」を書く方法が一般的です。
しかし、今回の場合、遺言だけだと、別の問題もありそうです。でも、安心してください。
その問題は、「家族信託」で解決することができます!

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

家族信託ですか?
詳しく教えてください。

それでは、、、、次回のブログでお伝えいたしますね!

えんたけ
えんたけ

お問合せは、コチラ
えんたけ行政書士事務所
TEL:0256-55-6139
メール:info(アットマーク)entake.net

家族信託で認知症対策

 こんにちは。家族信託専門の行政書士 えんたけです。
 一年ぶりのブログ更新になってしまいました・・・。
 「書こう、書こう」という思いと、後悔にあふれたこの一年(笑)
 「継続する」ことの難しさを、実感いたしました。
 あなたは、どうでしょう?継続できるものは、ありますか?

最初のテーマは『認知症対策』

お母さん
お母さん

一人暮らしです。
最近、物忘れが出て来ており、不安です。
将来、施設に入ったら自宅を売って、お金にしたいのですが、どうしたら良いでしょうか。

認知症になってしまうと、自宅を売るのは大変になってしまいます。今のうちに「任意後見契約」か「家族信託契約」で準備することをおススメします。

えんたけ
えんたけ

もし、対策せず認知症になった場合

 自分では財産管理が出来なくなります。家族に任せることになるでしょう。
 しかし、家族が全てできるわけでは、ありません。

 例えば、銀行の定期預金を解約する場合です。本人が手続きを行う必要があります。本人は認知症。すると、銀行からは
「成年後見人を付けてください」と言われる可能性があります。

お母さん
お母さん

えーー!
じゃあ、自宅を売ることもできませんか?

難しいと思います。
後見人を付ける必要があるでしょうね。
課題もあります。
後見人は、自宅を売った後もはずせません。
あなたが亡くなるまで、月2万円以上の報酬を支払い続けながら、あなたの財産を管理し続けることになります。

えんたけ
えんたけ
お母さん
お母さん

じゃあ、今のうちになにをすればよいでしょうか。

任意後見で備える

今のうちに、子供さんと「任意後見契約」を結ぶ方法があります。

えんたけ
えんたけ

 元気な間に、子供を後見人に選ぶ事ができるのが「任意後見契約」です。お母さんをよく知る子供なので、安心して任せる事ができますね。

 お母さんが認知症になった場合、子供は後見人として、お母さんの預貯金で生活費や介護・医療費の支払いをします。自宅の売却もできるでしょう。
 ただし、制限もあります。
 任意後見監督人(弁護士・司法書士など)が、子供を監視監督を行うのです。当然、監督人にも報酬が必要になります。

家族信託で備える

自宅を売りたいだけであれば、『家族信託』を利用する方法があります。

えんたけ
えんたけ

 元気なうちに、お母さんの財産を信頼できる子供に託すのが「家族信託」です。子供は、お母さんの為に財産を管理します。

 お母さんの自宅を売ることができます。
 売ったお金で、お母さんの生活費・介護費・医療費の支払いを行うことができます。
 家族信託に、監督人は不要です。お母さんと子供だけで、OKです。(必要に応じて監督人を付けることもできます)

家族信託についてもっと詳しく知りたい方は、
お問合せ下さいね。

えんたけ
えんたけ

お問合せは、コチラ
えんたけ行政書士事務所
TEL:0256-55-6139
メール:info(アットマーク)entake.net

飼い主亡き後のペットのための信託

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。

飼い主亡き後のペットの記事。

https://news.joint-kaigo.com/article-7/pg726.html

高齢者のペットについて困った経験をした
ケアマネは82%にも登るそうです。

「入院後に在宅困難となり自宅に残されたペットの対応に苦慮した」

「利用者がペットの世話をきちんとできなくなり、排泄物で清潔が保てていない」
(以上、記事引用)

一人暮らし、夫婦だけ世帯には、

ペットを飼っている人も多いと思います。

ただ、飼い主が病気・介護によって

ペットの飼育ができなくなったら・・・

家族同然のペットが、取り残されることなく
安全安心に暮らしていけるには、
どんな備えが必要なのでしょう。

 

① 家族・ペット仲間に、事前にお願いする

「いざとなったらお願い」と
ペットの飼育費を預けておく。
(法的には「委任契約」となる)

デメリット
委任者が死亡した場合、飼育費は相続財産となるため、
受任者は飼育費を持ち続けることができなくなる。

 

② 遺言で飼育費を受任者に遺贈する

①に加えて、遺言で飼育費を遺贈。

デメリット
飼育費がペットのために使われているのか
確認できない。

 

③ 家族信託を利用する

【委託者 兼 受益者】を本人
【受託者】を家族(or ペット仲間)

本人が世話をできなくなったら、
【動物愛護施設などへ世話を依頼】
【ペット仲間へ世話を依頼】

ペットの飼育費は
【受託者】が【信託財産】から支払います。

 

もし、本人が亡くなってしまった場合
【第2受益者】を家族(or ペット仲間)とし
ペットが最後まで安心して生活できるようにします。

 

本人が亡くなった後も
飼育費をペットのために使うことを
信託契約で決めておくので安心です。

(それでも心配なら、信託監督人を付けるなども可能)

えんたけ行政書士事務所
行政書士・家族信託専門士 高橋正芳

再婚カップルのための家族信託

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。

突然ですが。

「再婚する人」は、
年間で何組いるか知ってますか?

 

夫婦とも、「初めて結婚」する人たちは減少傾向
平成27年では約46万組

一方

夫婦とも「再婚」又はどちらか一方が「再婚」は、
平成27年では約17万組
近年はほぼ横ばい

結婚に占める割合では、
「再婚」は、上昇傾向にあります。

【厚労省 平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況より】

 

再婚夫婦には、
老後の生活で、特有の課題があるのです。

【事例】

A子(60歳)・B男(60歳)は、再婚同士。

夫婦は、B男の自宅で生活することに。

子供たちは全員独立しています。

この再婚に、
B男の子供達は、反対していたのでした。

【家族関係】
A子(60歳)・B男(60歳)は、再婚同士。
再婚に、B男の子供達は、反対していた。

【財産】
B男 自宅
現金・預金
A子 現金・預金

【B男の希望】
自分亡き後、自宅・預金を
A子に相続させたい
(A子の生活を支えてゆくため)

ただし、A子が亡くなったら、
自分の子供たちへ相続させたい

※A子も、B男と同じ希望をもっている

【検討】

【何の備えもしない】
B男が亡くなった場合、
A子とB男の子供たち遺産分割協議をする必要があります。

子供たちは、再婚を快く思っていなかったため、
分割協議に応じてくれませんでした。

結局、
A子は、B男の子供たちの主張を受け入れ、
B男の自宅から出ていくことになりました。

 

【遺言】
B男が、「自宅はA子、預金は子供たち」
と遺言することで、手続きはスムースに

 

しかし、A子が死亡後、自宅はA子の子供たちが相続

A子の財産も同様となります。

結局
B男の自宅は、他人であるA子の子供たちのものになりました。

 

【家族信託】
B男は、子供と信託契約を締結。
B男の自宅・預金を信託。

B男死亡後、第2受益者 A子

A子死亡後、帰属権利者を、子供たちとする。

こうすることで、

B男死亡後、A子は自宅で住み続けることができ、

A子死亡後、B男の子供の元へ

財産が渡ることが可能となります。

 

【ポイント】

遺言では、資産の行き先をこのように決めることができません
これが可能なのは、家族信託だけです。

 

自分亡き後の妻(夫)の生活を支えたい。

そう考えるなら、

「子供たちが何とかしてくれるだろう」

という甘い考えは捨てて、

元気なうちに、「備え」をしておくべきなのです。

 

えんたけ行政書士事務所

行政書士・家族信託専門士 高橋正芳

親の自宅の空き家対策

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。

5月21日に加茂まつりがあり、
神輿を担ぎました。
商店街から街中へ。
住宅街には、空き家と思われる
古く朽ちかけた建物が、ズラリ。
その数に圧巻されました。

さて、問題ある空き家にしないためには
早めの対策が大切です。

事例をもとに、
対策方法を検討してみましょう。

 

【事例】

相談者(母83歳)
:現在一人暮らしです。自宅で暮らしているが、最近、物忘れも出てきました。
そろそろ安心できる施設へ移住を考えています。
自宅は、時々帰ったりしたいので、しばらくそのままにしておきたい。
将来必要があれば、貸しても売ってもいいと思っています。

【家族関係】
母は自宅で一人暮らし
長男は同じ市内に自宅を所有

【財産】
自宅不動産
現金・預金

【相談者の希望】
施設へ移住した後も、自宅はしばらく処分しないでおきたい
将来必要があれば自宅を処分してもよい

 

【検討】
① 成年後見制度
認知症になった場合、成年後見制度を利用することで、相談者の生活を支えることができます。

メリット
認知症になった後でも利用することができる。

デメリット
自宅の売却には、家庭裁判所の許可が必要。許可が得られない場合、売却することができない。
後見人が、司法書士・行政書士などがなった場合、後見人報酬が必要。
⇒後見人を選任するのは、家庭裁判所です。長男が後見人になれるとは限らない。

② 任意後見制度
相談者が元気なうちに、自分で後見人を選ぶことができます。

メリット
希望する人を後見人にすることができる(長男も可能。後見人報酬は、無くても利用可能)

デメリット
自宅売却の代理権があった場合でも、自宅売却するには後見監督人との協議を行います。
⇒もし、後見監督人が同意しなかった場合、自宅売却は難しいでしょう。

もし自宅を売却できなかった場合、自宅は空き家に!
長期間空き家になった場合、劣化・価値低下して、売却をすることが難しくなります!

③ 家族信託
相談者が元気なうちに、自宅を信託する信託契約を結びます。

メリット
相談者が認知症になった場合でも、受託者の判断で自宅を売却することができます。

デメリット
特になし。

 

【解決策】

相談者を【委託者】、長男を【受託者】、相談者の不動産・現金預金を【信託財産】とする【信託契約】を締結。(図の下)

家族信託を利用することで、
相談者が認知症になった場合も、
自宅が劣化・価値低下する前に自宅を売却することができます。

 

えんたけ行政書士事務所

行政書士・家族信託専門士 高橋正芳

前妻との子供と相続争いの予防

みなさん、達者らかね!?

家族信託専門の行政書士 えんたけです。

 

さて今日は、

前回(お父さんの認知症対策(空き家対策))

前々回(子供がいない夫婦の財産の行き先を決めたい)

の続き。

 

【もくじ】

1、事例

2、解決方法の検討

3、解決策

4、実現できる希望

 

【1、事例】

“前妻との子供と相続争いの予防” の続きを読む

資産を渡したい人に渡せる

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
先程、加茂信用金庫さんの「杉の子寄席名人会」へ行ってきました。
「マギー司郎」さんを観ました。
マジックをしないマジシャン(笑)
憧れます。
あんな風に楽しく家族信託を伝えていきたいと思いました。
私が、家族信託で一番驚いたのは
「資産承継」
についてです。
人が亡くなると、その人の財産は相続人(子や配偶者など)に相続されます。
遺言書があった場合、原則、財産は遺言書どおりの分け方になります(例外あり)
遺言書がなかった場合、相続人で話し合って「遺産分割」をして分けます。
例えば、既にお父さんが亡くなっており、この度、お母さんも亡くなった場合。
お母さんの財産は子供達が相続します。
長女には子供がいましたが、長男には子供がいません。
もし、長男が亡くなった場合、長男の財産(両親の不動産含む)は妻が相続するでしょう。
そして、妻が亡くなった場合、妻の相続人は妻の姉妹です。
つまり、両親の財産(不動産含む)が、他人の元へ行くことになってしまいます。
遺言
これって、お父さんお母さんが望む結果ではないと思います。
お父さんお母さんとしては、自分たちの財産は、いずれは孫たちに引き継いでほしい、と思うのではないでしょうか。
もしそう望んだとしても、長男の妻が遺言を書かなければ、実現は難しい。
(そもそも、遺言書を書く人は1割未満)
しかし、「家族信託」を利用することで、それも解決することができます。
つまり、以下のような流れをつくることができるのです。
信託
これは、信託でしか実現できないこと。
「我が家の財産が他人へ渡ってしまった・・・」
このようなことが解決することができるのです。
この仕組みを知った時は、人に言いまくりました(笑)
ぜひ、多くの人に知ってほしいと思います。
家族信託専門士・行政書士 高橋 正芳