自宅を売ることの抵抗感

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。

某市役所の税務課の方とお話ししました。
話題は「空き家」

現在でも、空き家に
頭を悩ませていますが、
今後、もっと深刻になってくる。
実感しました。

空き家は、
家族にとっても大問題です。

相談があった事例をご紹介します。

自宅は、両親二人暮らし
子供家族も自宅を持つ。

よくある家族風景です。

順番からいえば、
両親が先に亡くなります。

問題となってくるのが
両親の自宅。

築年数も古く、売ることは難しい。
自宅を解体しても、宅地の買い手はつくのか。
悩ましいところですよね。

ただし、両親が生活している間は、
本人たちもここで暮らしたい。

子供達も、親の気持ちを尊重したい。

・・・両親もいずれは介護が必要になる。
施設へ入居する可能性もあります。

『空き家になったら売ればいい』

子供は、そう考えるかもしれません。
でも、親はどうでしょう。

『年一回くらいは、自宅で過ごしたい』

想い出の詰まった、
人生の大半を過ごした
自宅を簡単に手放すことなんて、できない。

素直な気持ちではないでしょうか。

・・・半面、
子供達は、自宅を持っているため
両親の自宅は、手に余ってしまいます。

その上、固定資産税・空き家の管理など
お金と手間がかかる。

だから、売れるときに売っておきたい。

子供の正直な気持ちですよね。

……もし、親が認知症になったら?

自宅を売ることは難しくなってしまいます。

 

どうしたら良いのでしょう。

ここで大切なことは、
「選択肢を残すこと」
だと思います。

生活は変化してゆきます。

高齢の親の場合、
選択肢は、狭くなってゆきます。
身体・認知機能が衰えてゆくからです。

しかし、衰えても、
「選択肢が残っている」
ことで、その時その時の希望を
かなえることができるのです。

だから、
『今、売りたくない』
と思っても、

将来
『売りたい』
となった時のために

『選択肢を残す』

だから備えが必要なのです。

備えの方法については、また次回。

 

えんたけ行政書士事務所
行政書士・家族信託専門士 高橋 正芳

子供がいない夫婦の財産の行き先を決めたい

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
さて今日は、
3月の「第一回家族信託勉強会」で、
最初の事例に出した事例です。
この事例のポイントは3つあるのですが、
今日は、その一つ。
「財産の行き先の指定」
です。
(前回の記事と同じ趣旨ですが、とても大切なので、
 再掲です!)
【事例】3
相談者の父郎さんは、元妻との間との子供と
亡き妻との間に2人の子供がいます。

“子供がいない夫婦の財産の行き先を決めたい” の続きを読む