選択肢を残す

みなさん、達者らかね!?

家族信託専門の行政書士 えんたけです。

前回

相談事例をもと
 ・『自宅を手放したくない』親の気持ち

 ・『お金と手間がかかるから、売りたい』子供の気持ち

 親子の相反する気持ちについて、

そして

大切なことは

 『選択肢を残すこと』

と書きました。

では、選択肢を残すためにはどうしたらいいの・・・

選択肢を残すことを考える前に、

まず

選択肢が減ってゆくことについて考えてみましょう。

  

選択肢が減る原因は、主に・・・

『1、親の体調の変化』

 ・認知症になることで、意思判断ができない

『2、父の死亡』
 ・自宅を、母・長男・長女で相続
   自宅を売却するには、相続人全員の同意が必要
⇒ひとりでも反対したら売却することができない

 ・自宅を母が相続。母が認知症になると意思判断ができない

です。

 

続いて、

選択肢を残す方法について

検討してみましょう。

 

『1、親の体調の変化』

親の心身が衰え・認知症になると、

財産利用に制限が生じることがあるのです。

このことに対応するため、
本人を支援するための制度があります。

【成年後見制度】
認知症になり成年後見制度を利用した場合、
自宅を売るには、家庭裁判所の許可が必要です。
場合によっては、許可がでないことも
許可が出ない場合は、自宅を維持管理し続けなければなりません。

元気なうちに子供と任意後見契約を締結。
認知症になり家族が任意後見人になった場合、
自宅を売るには、実務的には任意後見監督人と相談が必要。
場合によっては、許可がでないことも
許可が出ない場合は、自宅を維持管理し続けなければなりません。
この2つには、

柔軟性に欠けるという欠点があります。

元気な時の親の希望を、
実現できない可能性があるのです。

【家族信託】
元気なうちに子供と信託契約を締結。
自宅を信託財産とします。
認知症で判断能力がなくなっ場合でも、
受託者である子供の判断で自宅を売却することが可能。
もちろん、売却することなく、親が年一回自宅で過ごすことを優先することも可能。

家族信託は、
親の希望を
「冷凍保存」することができ、
必要に応じて、
「解凍」

希望を実現できる可能性が高くなります。

 

つづいて

『2、父の死亡』

について検討してみます。

【自宅を母・長男・長女が相続】
自宅を売却するには、母・長男・長女全員の同意が必要。
ひとりでも同意しない場合は、売却することができず、
自宅の維持管理が必要になる
【自宅を母が相続】
母が元気なうちは、いいが、心身が衰えた場合
『1、親の体調の変化』と同様の検討が必要
【自宅を長男が相続】
母が反対したとしても、

長男の独断で売却できてしまう

以上が、相続をした場合です。

 

【家族信託】

両親の希望を盛り込んだ信託契約を締結。

受託者である子供は、希望を叶えるために自宅を管理することになる。

『1、親の体調の変化』と同様に

親の希望を
「冷凍保存」することができ、
必要に応じて、
「解凍」

希望を実現できる可能性が高くなります。

以上

『1、親の体調の変化』
『2、父の死亡』

について検討してみました。

 

心身が衰えても

「選択肢が残っている」
というのは、
制度的に優れているのは
「家族信託」です。
特徴の一つに、
「柔軟に設計できる」

ということがあります。

 

もちろん、

より良い方法は、

家族によって異なるでしょう。

 

『選択肢を残す』

手遅れにならいないよう

元気なうちに
備えをしておくことが
行政書士・家族信託専門士 高橋正芳

お父さんの認知症対策(空き家対策)

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。

昨日の雪に続き、今日も寒い日が続いています。
県内の農家では、コメ作りのスタート、すじまき(種まき)が始まっています。
我が家も、昨日行いました。
1箱6~7キロ?の苗箱を1000個!
持ち上げて~積んで~運んで~下ろして~並べて・・・
普段、PCのキーを叩く位しかやってないので・・・
身体がバキバキです(笑)

さて今日は、前回の続き。

【もくじ】
1、事例
2、お父さんが重い認知症になった場合
3、成年後見制度
4、事前準備のススメ

事例のポイント2つ目。
「お父さんの認知症対策」
です。

【1、事例】
相談者の父郎さんは、元妻との間との子供と
亡き妻との間に2人の子供がいます。
{父郎財産}
自宅不動産(1000万円)
アパート(3000万円)
預金(2300万円)

父郎さんは
「自分が施設へ入ったり、死んだりした場合は、
自宅は自由にしてもいい」
と言っています。

・・・言っていますが、

【2、父郎さんが重い認知症になった場合】

・父郎さんの不動産は売ることができなくなる
・預金は、引き出すことができなくなる
ことがあります。

これって、実は、とても大変なことですよね。

想像してみてください。

お父さんの「施設費用」「介護費」「医療費」「生活費」「税金」
これ全部、誰かが払わなければなりません。

お父さんの預金は、凍結!
使うことができない。

・・・じゃあ誰が支払うのでしょう?

・・・息子さんたち、ですよね。

「施設費用」「介護費」「医療費」など
状況によって変わりますが、
月々ウン万~二十万円、なんてことも容易に想像がつきます。

・・・お父さんの預金を使う方法は。

ひとつだけ。

成年後見制度を利用するしかありません。

【3、成年後見制度】

家庭裁判で後見人を選んでもらいます。

事例ですと、後見人は専門職「司法書士、弁護士など」になる
可能性が高いと思います。

こうなると、後見人報酬が発生します。

報酬額、月2万~

そして、
父郎さんの自宅を売るには、家庭裁判所の許可が必要です。

つまり、売れない可能性も大いにあるのです。

こうなったら、
・空き家の管理
・空き家の税金支払い

を、父郎さんが亡くなるまで続けなくてはなりません。

父郎さんが、長生きした場合、

空き家である自宅は、劣化し、価値が減ってゆくことになるでしょう。

【4、事前準備のススメ】

・介護関係者との話し合い~施設入居~必要なお世話
・お父さんの介護・医療費など支払い
・空き家の管理
・空き家の税金

これが、家族の肩にのしかかってきます。

その負担をできるだけ軽くするには、
事前の準備をする必要があります。

おすすめするのは、2つ

1、任意後見制度
2、家族信託

「任意後見制度」は、
父郎さんが元気なうちに、後見人(例えば息子)を決めておき、
後見人である息子さんが、父郎さんの財産管理などを
行います。

息子さんへの報酬は、有っても、なくても、OK。

ただし、自宅を売るには「任意後見監督人」から
OKをもらう必要があるので、
売れない可能性もあります。

「家族信託」は、
父郎さんが元気なうちに、
父郎さんの財産、例えば、

・自宅
・アパート
・預金

を息子へ託します。

託した財産は、

父郎さんが重い認知症になっても

・自宅を売る ⇒ OK

・預金を使う ⇒ OK

・アパートを売る・新築する ⇒ OK

つまり、
父郎さんの生活を、息子たちが経済的制限なく
支えることができますし、
相続税対策を行うこともできます。

自宅も、すぐに売ることで、
空き家を持ち続けることも、なくなります。

準備は、元気なうちに。

衰えてくると、選択肢がどんどんなくなってゆきます。

 

えんたけ行政書士事務所
家族信託専門士・行政書士 高橋 正芳