再婚カップルのための家族信託

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。

突然ですが。

「再婚する人」は、
年間で何組いるか知ってますか?

 

夫婦とも、「初めて結婚」する人たちは減少傾向
平成27年では約46万組

一方

夫婦とも「再婚」又はどちらか一方が「再婚」は、
平成27年では約17万組
近年はほぼ横ばい

結婚に占める割合では、
「再婚」は、上昇傾向にあります。

【厚労省 平成28年度 人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況より】

 

再婚夫婦には、
老後の生活で、特有の課題があるのです。

【事例】

A子(60歳)・B男(60歳)は、再婚同士。

夫婦は、B男の自宅で生活することに。

子供たちは全員独立しています。

この再婚に、
B男の子供達は、反対していたのでした。

【家族関係】
A子(60歳)・B男(60歳)は、再婚同士。
再婚に、B男の子供達は、反対していた。

【財産】
B男 自宅
現金・預金
A子 現金・預金

【B男の希望】
自分亡き後、自宅・預金を
A子に相続させたい
(A子の生活を支えてゆくため)

ただし、A子が亡くなったら、
自分の子供たちへ相続させたい

※A子も、B男と同じ希望をもっている

【検討】

【何の備えもしない】
B男が亡くなった場合、
A子とB男の子供たち遺産分割協議をする必要があります。

子供たちは、再婚を快く思っていなかったため、
分割協議に応じてくれませんでした。

結局、
A子は、B男の子供たちの主張を受け入れ、
B男の自宅から出ていくことになりました。

 

【遺言】
B男が、「自宅はA子、預金は子供たち」
と遺言することで、手続きはスムースに

 

しかし、A子が死亡後、自宅はA子の子供たちが相続

A子の財産も同様となります。

結局
B男の自宅は、他人であるA子の子供たちのものになりました。

 

【家族信託】
B男は、子供と信託契約を締結。
B男の自宅・預金を信託。

B男死亡後、第2受益者 A子

A子死亡後、帰属権利者を、子供たちとする。

こうすることで、

B男死亡後、A子は自宅で住み続けることができ、

A子死亡後、B男の子供の元へ

財産が渡ることが可能となります。

 

【ポイント】

遺言では、資産の行き先をこのように決めることができません
これが可能なのは、家族信託だけです。

 

自分亡き後の妻(夫)の生活を支えたい。

そう考えるなら、

「子供たちが何とかしてくれるだろう」

という甘い考えは捨てて、

元気なうちに、「備え」をしておくべきなのです。

 

えんたけ行政書士事務所

行政書士・家族信託専門士 高橋正芳

子供がいない夫婦の財産の行き先を決めたい

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
さて今日は、
3月の「第一回家族信託勉強会」で、
最初の事例に出した事例です。
この事例のポイントは3つあるのですが、
今日は、その一つ。
「財産の行き先の指定」
です。
(前回の記事と同じ趣旨ですが、とても大切なので、
 再掲です!)
【事例】3
相談者の父郎さんは、元妻との間との子供と
亡き妻との間に2人の子供がいます。

“子供がいない夫婦の財産の行き先を決めたい” の続きを読む

資産を渡したい人に渡せる

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
先程、加茂信用金庫さんの「杉の子寄席名人会」へ行ってきました。
「マギー司郎」さんを観ました。
マジックをしないマジシャン(笑)
憧れます。
あんな風に楽しく家族信託を伝えていきたいと思いました。
私が、家族信託で一番驚いたのは
「資産承継」
についてです。
人が亡くなると、その人の財産は相続人(子や配偶者など)に相続されます。
遺言書があった場合、原則、財産は遺言書どおりの分け方になります(例外あり)
遺言書がなかった場合、相続人で話し合って「遺産分割」をして分けます。
例えば、既にお父さんが亡くなっており、この度、お母さんも亡くなった場合。
お母さんの財産は子供達が相続します。
長女には子供がいましたが、長男には子供がいません。
もし、長男が亡くなった場合、長男の財産(両親の不動産含む)は妻が相続するでしょう。
そして、妻が亡くなった場合、妻の相続人は妻の姉妹です。
つまり、両親の財産(不動産含む)が、他人の元へ行くことになってしまいます。
遺言
これって、お父さんお母さんが望む結果ではないと思います。
お父さんお母さんとしては、自分たちの財産は、いずれは孫たちに引き継いでほしい、と思うのではないでしょうか。
もしそう望んだとしても、長男の妻が遺言を書かなければ、実現は難しい。
(そもそも、遺言書を書く人は1割未満)
しかし、「家族信託」を利用することで、それも解決することができます。
つまり、以下のような流れをつくることができるのです。
信託
これは、信託でしか実現できないこと。
「我が家の財産が他人へ渡ってしまった・・・」
このようなことが解決することができるのです。
この仕組みを知った時は、人に言いまくりました(笑)
ぜひ、多くの人に知ってほしいと思います。
家族信託専門士・行政書士 高橋 正芳