子供がいない夫婦の財産の行き先を決めたい

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
さて今日は、
3月の「第一回家族信託勉強会」で、
最初の事例に出した事例です。
この事例のポイントは3つあるのですが、
今日は、その一つ。
「財産の行き先の指定」
です。
(前回の記事と同じ趣旨ですが、とても大切なので、
 再掲です!)
【事例】3
相談者の父郎さんは、元妻との間との子供と
亡き妻との間に2人の子供がいます。

“子供がいない夫婦の財産の行き先を決めたい” の続きを読む

資産を渡したい人に渡せる

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
先程、加茂信用金庫さんの「杉の子寄席名人会」へ行ってきました。
「マギー司郎」さんを観ました。
マジックをしないマジシャン(笑)
憧れます。
あんな風に楽しく家族信託を伝えていきたいと思いました。
私が、家族信託で一番驚いたのは
「資産承継」
についてです。
人が亡くなると、その人の財産は相続人(子や配偶者など)に相続されます。
遺言書があった場合、原則、財産は遺言書どおりの分け方になります(例外あり)
遺言書がなかった場合、相続人で話し合って「遺産分割」をして分けます。
例えば、既にお父さんが亡くなっており、この度、お母さんも亡くなった場合。
お母さんの財産は子供達が相続します。
長女には子供がいましたが、長男には子供がいません。
もし、長男が亡くなった場合、長男の財産(両親の不動産含む)は妻が相続するでしょう。
そして、妻が亡くなった場合、妻の相続人は妻の姉妹です。
つまり、両親の財産(不動産含む)が、他人の元へ行くことになってしまいます。
遺言
これって、お父さんお母さんが望む結果ではないと思います。
お父さんお母さんとしては、自分たちの財産は、いずれは孫たちに引き継いでほしい、と思うのではないでしょうか。
もしそう望んだとしても、長男の妻が遺言を書かなければ、実現は難しい。
(そもそも、遺言書を書く人は1割未満)
しかし、「家族信託」を利用することで、それも解決することができます。
つまり、以下のような流れをつくることができるのです。
信託
これは、信託でしか実現できないこと。
「我が家の財産が他人へ渡ってしまった・・・」
このようなことが解決することができるのです。
この仕組みを知った時は、人に言いまくりました(笑)
ぜひ、多くの人に知ってほしいと思います。
家族信託専門士・行政書士 高橋 正芳