「第2回デスかふぇ」大盛況でしたー。

6月24日(月)、燕三条トライクにて
「第2回デスかふぇ」を開催。
看護師・介護士・葬儀社経営・僧侶・
後見人等の方々に参加頂き、
もしバナゲーム」を実施。
自身の最期について考えて頂きました。

新潟日報の記事

自分の最期を考えるのに、大盛況って変です
が。

でも、みなさん
「いい顔」
をしてました。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

頂いた感想。

「自分の死」「終末期」
を考えることは、これから
「どう生きるのか」
を考える機会になった
というものも、ありました。 (会社経営者)

たくさんの死にゆく人を見送るなかで、
違う価値観を持つ死生観を理解できなかった。
でも、今回、他の人の話を聞いてストンと
納得した感じがあった。 (看護師)

死は、自分の事として考えていたが、
実は、残された人のためにも考える必要性を
感じた 。(介護士)

葬儀を行うお客様の価値観を引き出すために、
お客様にヒアリングを行っている。それは、
お客様自身も気付いていない価値観を引き出す
作業でもある。このカードを使うことで、これ
ができると思った。 (葬儀社経営)

私は以下のように感じました。
カードを取捨選択している間、自分の死につい
て真剣に考える時間になった。一人では、この
ような時間を取ることはできないし、このゲー
ムを通じてこそ、得られる時間だと思った。
皆さん、良い表情をされていた。その表情は
「夢中になっている顔」。自分の死と向き合う
時間は、そんな顔を作ってくれる。

各人、深い気付きを得て頂いたようです。

写真の説明はありません。
私が選んだカード。苦しいのは、嫌だ・・・・。家族と一緒にいたい。

次回、7月は
「成年後見制度と家族信託」
というテーマで、
高齢者のより良い生活を実現するため、
専門家による語り合いを、やります。
まあ、固くならず、けど、真剣に、
そして、楽しくやりたいっす。

お問合せは、コチラ
えんたけ行政書士事務所
TEL:0256-55-6139 <10時~19時 (土日・祝日を除く)>
メール:info(アットマーク)entake.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です