空家になった老親の自宅を売る

こんにちは。
家族信託専門の行政書士 えんたけです。

「老後資金 2000万円」が話題ですが、先日
39歳のサラリーマンとお話したところ、老後
のお金の不安をリアルに訴えていました。老
後を心配して生きるって、本当に残念!
若い方々へ向けた「老後のお金」のお話も、
やってゆこうかな、なんて考えてます。

さて今日のテーマは、
「空家になった老親の自宅を売る」
空き家急増の日本。
家族信託が、空き家対策の要になるやもしれ
ませんよ。

空き家になった親の自宅を売る

先日、こんな相談がありました。

私の母が、老人ホームに入りました。
母は、自宅へ戻ることはできないので、自宅を売りたいのです。500万円で売れそうなので、施設費用に充てたいのです。

お母様の判断能力はありますか?

判断能力?

つまり、認知症ですか?

実は、そうなのです。
私のことも忘れてしまって・・・
それで、自宅にひとりで置いておけなくなったのです。

そうなのですね。
重い認知症の方の自宅は、売ることが難しくなるんですよ・・・。

え!?
売ったお金で施設費用にしようと思ったのに・・・・。

どうしても売りたいのであれば・・・。

事後対応 「後見人をつける」

重い認知症の方の自宅を売りたい場合、後見
人をつけることで、売ることが出来る場合が
あります。

ただし、一度つけたら、お母様が亡くなるまで外すことはできません。
それから、最近は、後見人の7割は専門職(弁護士、司法書士等)が選ばれています。専門職が選ばれた場合、以下の費用が必要です。
(東京家庭裁判所後見センター資料より)

えぇ!
これじゃあ、自宅を売っても、ほとんど残らなくなってしまいそうですね・・・。

事前対応その1 「家族信託」

お母様が元気なうちに「家族信託」を利用した場合・・・

なるほど。「受託者(じゅたくしゃ)」である私が自宅を売ることができるようになるんですね。

その通りです。
子供であるあなたが行うので、後見人に払うような報酬も必要ないですよね。

そうですね。その分、母の為に貢献できますね。

「家族信託」以外でも、対策は可能です。それは・・・。

事前対応その2「任意後見契約」

お母様が元気なうちに「任意後見契約」を結んだ場合・・・

監督人や裁判所が関わってくるのですね。

そうです。自宅を売る場合、監督人と事前に相談する必要があるでしょう。

家族信託とどこが違うのですか?

「任意後見」は、全ての財産を対象とすることができます。
「家族信託」は、実質的に全財産を対象とはできません。
「家族信託」では、「自宅」「アパート」「現金の一部」「株」など、特定の財産が対象となります。

監督人がつくということは、監督人に支払うお金も必要なのですね。

はい。あいまいな答えで申し訳なのですが、後見人報酬の半分くらいの報酬になると、聞いています。

そうなのですね。
我が家の場合は、「母の自宅」を売りたいだけなのですが。

そうであれば、「家族信託」が良いですね。
必要に応じて「任意後見」「成年後見」の制度を使うと良いでしょう。

お問合せは、コチラ
えんたけ行政書士事務所
TEL:0256-55-6139
メール:info(アットマーク)entake.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です