配偶者の認知症対策 その2

こんにちは。
家族信託専門の行政書士 えんたけです。

驚きました!
人生100年時代の資産形成に関する報告書
(記事は、日経新聞)
を金融庁が出したのです。
要は「年金じゃ老後は賄えないから、自分で
準備しましょうね」ということ。
私「役所の嘘つきーー!」って思いましたよ。

親の老後、介護、財産の引き継ぎ、家族仲。
私達の老後にも、深く影響します。
本日の内容も、大きな影響がありますよ。

前回の続きです。

認知症の妻を支えるには

お父さん
お父さん

家族で妻を支えるためには、どうしたら良いでしょう?

家族信託があります。
簡単に説明しますね。

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

お、お願いします!

お父さんのお金・自宅・アパートを、長女へ「託し」ます。
これを「信託する」といいます。
長女は、お父さんやお母さんの生活の為に、財産を管理したり、生活費の支払いをして、ご両親の生活を支えます。

えんたけ
えんたけ
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 無題-1.jpg です
お父さん
お父さん

私が死んだら、どうなるのですか?

以下のようになります。

えんたけ
えんたけ

娘さんは、お母さんの為に財産を管理しながら、お母さんの生活を支えることができるのです。

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

じゃあ、私が遺言を書いた場合は、どうなるのでしょうか?

遺言を書いた場合

遺言がある場合、遺産分割協議をする必要はなくなります。
(遺言で全財産を相続した場合)

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

じゃあ、遺言で十分ですね。
妻にアパート相続させて、アパートの賃料で妻の生活を支えてあげたいです。

ただし、です。

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

え。何があるんですか

奥様が相続した財産は、奥様が自由に使えない場合もあります。
例えば、アパートの賃貸借契約を奥様は結ぶことができないと思います。「意思能力がない人が行った契約は、無効」なのです。

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

えー!不動産屋さんに管理は任せてあるから、良いと思ったのに・・・。そうなると、やっぱり後見人を付けなきゃいけないのか・・・。

遺言だけでは、不十分です。
お父さん家族の場合は、家族信託が良いと思います。
家族信託以外にも、奥様や家族、みんなの幸せのために、出来る事がありますので、ぜひ、詳しくお話を伺わせてください。

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

はい!
よろしくお願いします。

お問合せは、コチラ
えんたけ行政書士事務所
TEL:0256-55-6139
メール:info(アットマーク)entake.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です