配偶者の認知症対策 その1

こんにちは。
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
先日のブログの約束が守れそうです。
誰との約束か? 『自分との約束』です。
人との約束も大切ですが、
私は『自分との約束』が一番大切と思います。
ナゼ? 理由は2つ。
1、自分との約束が守れれば、人との約束も
  守ることができますし、
2、約束を守ることで、自分を承認できる
  からです。
さあ、今日は、『配偶者の認知症対策』です。

お父さん
お父さん

私の妻は、重い認知症です。
私も80歳になりました。
もし、私の方が早く亡くなった場合、妻が安心して生活できるようにしてあげたい のですが。

そうなのですね。
お父さんが元気なうちに、対策をしておきましょう!

えんたけ
えんたけ

一家の家族関係

お父さん
お父さん

夫婦二人暮らしです。妻はデイサービスへ通って
いますが、在宅介護に限界を感じており、
施設へ入ることを考えています。

在宅でがんばってこられたのですね。

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

長男は遠方で暮らしています。
長女は、結婚し同じ街で暮らしています。

対策せずお父さんが亡くなった場合

お父さんが何の準備もせず亡くなった場合、財産相続するには、相続人である妻、長男、長女の遺産分割協議を行わなければなりません。

えんたけ
えんたけ


 妻は認知症です。遺産分割協議をする事が
できません。このため、相続手続きをするに
は、妻に後見人を付けその後見人が長男、長
女とともに遺産分割協議をする必要がありま
す。

お父さん
お父さん

え!後見人が必要なんですか!

しかし、手続きが終わったからと言って、後見人を外すことはできません。妻が亡くなるまで後見人が付き続けることになります。

えんたけ
えんたけ


 前回も書きましたが、専門家(弁護士等)が
後見人になった場合、月2万以上の報酬を奥さ
んが亡くなるまで支払い続けることになります
し、奥さんの財産は後見人が管理し続けること
になります。

お父さん
お父さん

妻のお金は後見人が管理するのですか?
子供がいるのに・・・?

後見人は、裁判所が選ぶのです。
最近は、後見人の7割は専門家(弁護士・司法書士等)が選ばれているんですよ・・・。
(最高裁判所事務総局家庭局より)

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

どうしたら良いでしょう?

お父さんが「遺言」を書く方法が一般的です。
しかし、今回の場合、遺言だけだと、別の問題もありそうです。でも、安心してください。
その問題は、「家族信託」で解決することができます!

えんたけ
えんたけ
お父さん
お父さん

家族信託ですか?
詳しく教えてください。

それでは、、、、次回のブログでお伝えいたしますね!

えんたけ
えんたけ

お問合せは、コチラ
えんたけ行政書士事務所
TEL:0256-55-6139
メール:info(アットマーク)entake.net

One Reply to “配偶者の認知症対策 その1”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です