前妻との子供と相続争いの予防

みなさん、達者らかね!?

家族信託専門の行政書士 えんたけです。

 

さて今日は、

前回(お父さんの認知症対策(空き家対策))

前々回(子供がいない夫婦の財産の行き先を決めたい)

の続き。

 

【もくじ】

1、事例

2、解決方法の検討

3、解決策

4、実現できる希望

 

【1、事例】

“前妻との子供と相続争いの予防” の続きを読む

お父さんの認知症対策(空き家対策)

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。

昨日の雪に続き、今日も寒い日が続いています。
県内の農家では、コメ作りのスタート、すじまき(種まき)が始まっています。
我が家も、昨日行いました。
1箱6~7キロ?の苗箱を1000個!
持ち上げて~積んで~運んで~下ろして~並べて・・・
普段、PCのキーを叩く位しかやってないので・・・
身体がバキバキです(笑)

さて今日は、前回の続き。

【もくじ】
1、事例
2、お父さんが重い認知症になった場合
3、成年後見制度
4、事前準備のススメ

事例のポイント2つ目。
「お父さんの認知症対策」
です。

【1、事例】
相談者の父郎さんは、元妻との間との子供と
亡き妻との間に2人の子供がいます。
{父郎財産}
自宅不動産(1000万円)
アパート(3000万円)
預金(2300万円)

父郎さんは
「自分が施設へ入ったり、死んだりした場合は、
自宅は自由にしてもいい」
と言っています。

・・・言っていますが、

【2、父郎さんが重い認知症になった場合】

・父郎さんの不動産は売ることができなくなる
・預金は、引き出すことができなくなる
ことがあります。

これって、実は、とても大変なことですよね。

想像してみてください。

お父さんの「施設費用」「介護費」「医療費」「生活費」「税金」
これ全部、誰かが払わなければなりません。

お父さんの預金は、凍結!
使うことができない。

・・・じゃあ誰が支払うのでしょう?

・・・息子さんたち、ですよね。

「施設費用」「介護費」「医療費」など
状況によって変わりますが、
月々ウン万~二十万円、なんてことも容易に想像がつきます。

・・・お父さんの預金を使う方法は。

ひとつだけ。

成年後見制度を利用するしかありません。

【3、成年後見制度】

家庭裁判で後見人を選んでもらいます。

事例ですと、後見人は専門職「司法書士、弁護士など」になる
可能性が高いと思います。

こうなると、後見人報酬が発生します。

報酬額、月2万~

そして、
父郎さんの自宅を売るには、家庭裁判所の許可が必要です。

つまり、売れない可能性も大いにあるのです。

こうなったら、
・空き家の管理
・空き家の税金支払い

を、父郎さんが亡くなるまで続けなくてはなりません。

父郎さんが、長生きした場合、

空き家である自宅は、劣化し、価値が減ってゆくことになるでしょう。

【4、事前準備のススメ】

・介護関係者との話し合い~施設入居~必要なお世話
・お父さんの介護・医療費など支払い
・空き家の管理
・空き家の税金

これが、家族の肩にのしかかってきます。

その負担をできるだけ軽くするには、
事前の準備をする必要があります。

おすすめするのは、2つ

1、任意後見制度
2、家族信託

「任意後見制度」は、
父郎さんが元気なうちに、後見人(例えば息子)を決めておき、
後見人である息子さんが、父郎さんの財産管理などを
行います。

息子さんへの報酬は、有っても、なくても、OK。

ただし、自宅を売るには「任意後見監督人」から
OKをもらう必要があるので、
売れない可能性もあります。

「家族信託」は、
父郎さんが元気なうちに、
父郎さんの財産、例えば、

・自宅
・アパート
・預金

を息子へ託します。

託した財産は、

父郎さんが重い認知症になっても

・自宅を売る ⇒ OK

・預金を使う ⇒ OK

・アパートを売る・新築する ⇒ OK

つまり、
父郎さんの生活を、息子たちが経済的制限なく
支えることができますし、
相続税対策を行うこともできます。

自宅も、すぐに売ることで、
空き家を持ち続けることも、なくなります。

準備は、元気なうちに。

衰えてくると、選択肢がどんどんなくなってゆきます。

 

えんたけ行政書士事務所
家族信託専門士・行政書士 高橋 正芳

子供がいない夫婦の財産の行き先を決めたい

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
さて今日は、
3月の「第一回家族信託勉強会」で、
最初の事例に出した事例です。
この事例のポイントは3つあるのですが、
今日は、その一つ。
「財産の行き先の指定」
です。
(前回の記事と同じ趣旨ですが、とても大切なので、
 再掲です!)
【事例】3
相談者の父郎さんは、元妻との間との子供と
亡き妻との間に2人の子供がいます。

“子供がいない夫婦の財産の行き先を決めたい” の続きを読む

資産を渡したい人に渡せる

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
先程、加茂信用金庫さんの「杉の子寄席名人会」へ行ってきました。
「マギー司郎」さんを観ました。
マジックをしないマジシャン(笑)
憧れます。
あんな風に楽しく家族信託を伝えていきたいと思いました。
私が、家族信託で一番驚いたのは
「資産承継」
についてです。
人が亡くなると、その人の財産は相続人(子や配偶者など)に相続されます。
遺言書があった場合、原則、財産は遺言書どおりの分け方になります(例外あり)
遺言書がなかった場合、相続人で話し合って「遺産分割」をして分けます。
例えば、既にお父さんが亡くなっており、この度、お母さんも亡くなった場合。
お母さんの財産は子供達が相続します。
長女には子供がいましたが、長男には子供がいません。
もし、長男が亡くなった場合、長男の財産(両親の不動産含む)は妻が相続するでしょう。
そして、妻が亡くなった場合、妻の相続人は妻の姉妹です。
つまり、両親の財産(不動産含む)が、他人の元へ行くことになってしまいます。
遺言
これって、お父さんお母さんが望む結果ではないと思います。
お父さんお母さんとしては、自分たちの財産は、いずれは孫たちに引き継いでほしい、と思うのではないでしょうか。
もしそう望んだとしても、長男の妻が遺言を書かなければ、実現は難しい。
(そもそも、遺言書を書く人は1割未満)
しかし、「家族信託」を利用することで、それも解決することができます。
つまり、以下のような流れをつくることができるのです。
信託
これは、信託でしか実現できないこと。
「我が家の財産が他人へ渡ってしまった・・・」
このようなことが解決することができるのです。
この仕組みを知った時は、人に言いまくりました(笑)
ぜひ、多くの人に知ってほしいと思います。
家族信託専門士・行政書士 高橋 正芳

寝たきりはイヤ

うちのじいちゃんは
「介護はいやだ」
「寝たきりになりたくない」
と言って、いろんな準備をしてました。
(後から聞いた)

多くの高齢者や、高齢の親を持つ家族の話を聞いてると、
考えないようにしている、
そんな風に見えます。

その人の人生は、その人が生きるのだから
自由でいい。
でも、知らないままに、流されて、
望まない場所へたどりついた人たちを
増やさない努力はしてゆきたい。

こういう情報もシェア!
ぜひ読んで!

https://dot.asahi.com/dot/2018030100105.html

 

ある民生委員さんの話から考える

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
先程あっぷした写真の大いなる反応に苦笑い。
29791446_1741317409293552_2162218985484929376_n.jpg
地元消防団に入りました。
ある民生委員さんの話。
『私が担当する地域の80歳の男性から「遺言を書きたい」と相談を受けたの。理由を聞いたら
「これから介護で世話になる長男に、不動産や財産を多めに渡したい。都会で暮らす次男には、あまり渡さなくてもいいかと考えてる」と言ってたわ』
もし、専門家に相談した場合、
「遺言書の作成支援」してくれるはずです。
でも、本当にそれでいいのか?
と思います。
この男性は
「遺言を書きたい」
と言っていますが、
家族関係
財産状況
本人の想い
によって、遺言ではなく他の方法を
検討した方がいいのです。
例えば以下の家族。
445753
お父さんは以下の遺言を書き残しました。
”財産の3/4(不動産含む)は長男へ”
”1/4(現金)は次男へ”
長男夫婦には、子供がいないため
長男が亡くなった場合、長男の財産のほとんどを妻が相続します。
これは、お父さんの望むことでしょうか?
「遺言を書きたい」
その「本当の思い」は、何なのか。
その思いまで導いてくれる専門家が
必要だと思います。
家族信託専門士・行政書士 高橋 正芳

家族信託スゲー! 感動!

みなさん、達者らかね!?
家族信託専門の行政書士 えんたけです。
先程、加茂消防署へ行ってきました。
消防団に入隊(?)することになりまして、
隊員の服や靴を受取りに行ったのです。
消防署に初めて入ったのですが、
署員の方々は、キリッした緊張感がみなぎっておりました。
安心した生活は、この方々のおかげでもある。
感謝の敬礼!
前回は、「家族信託を専門としてゆく決意」をした
経緯について、書きました。
今回は、家族信託に感動したことについてです。
「家族信託」を知ったのは、昨年6月頃だったかな。
お世話になっている保険会社の方からでした。
「今、家族信託の勉強をしてて」
と本を見せてくれたのでした。
その数か月後、本を数冊購入。
正直ピンと来なくて。
それでも気になっていたので、
家族信託の新潟での第一人者 川嵜一夫さんのブログを読んだり、
川嵜さんの書籍を読んだり、
また、一社)家族信託普及協会の情報を調べたり・・・
そこで!
一気に心に火が突きました。
「家族信託スゲー!」
今までの制度の限界を突破できることが、
家族信託では可能なのです。
「後見人が付いたら、自宅不動産を売るのは難しい」
「資産を、長男⇒長男配偶者⇒次男の子達と承継させたい」
このような希望を叶えるには、多くの高いハードルを超えねばならない。
これが、家族信託であれば、超えることができるです!
高齢者や家族の安心した生活を支えるために、
必ず必要な制度である、と確信したのでした。
ただし、片手間でできるものではありません。
①信託法の歴史が浅く、手探りしながら進めてゆかなければならない
②家族信託以外にも、成年後見・任意後見、遺言、相続等、検討すべき分野が広範に及ぶのです。
行政書士の許認可をやりながら、では不可能。
であれば、一念発起して、家族信託専門で!
ということにしたのです。
自分の紹介は、とりあえずここまでにして、
次回からは、信託について書いていきます。
家族信託専門士・行政書士 高橋 正芳