家族信託 民事信託 遺言 認知症 新潟 三条 燕 加茂 田上 新潟 長岡 見附 上越 新発田 村上 柏崎 南魚沼 五泉 県央

妻(夫)が認知症になった場合に備えたい

【事例】

【相談者】
夫(75歳)
「自分も高齢になっており、一人で生活するのが大変になってきた。だから、近くに住む長女にいろいろお願いしてゆきたい。自分の生活や妻の施設費用の支払い等もお願いしたい」
「もし、妻より私の方が早く亡くなった場合、妻が安心して生活できるようにしてあげたい」

 

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

 

【家族関係】
夫   自宅で一人で生活
妻   重度の認知症で施設で生活
長男 県外在住
長女 両親と同じ町で家族で生活

 

【財産】
現金・預金
自宅不動産

 

【相談者の希望】
「もし、妻より私の方が早く亡くなった場合、妻が安心して生活できるようにしてあげたい」

【検討】

@ なにもしなかった場合

 

 夫が何の準備もせず亡くなった場合、財産相続するには、相続人である妻、長男、長女の遺産分割協議を行わなければなりません。
 しかし、妻は認知症です。遺産分割協議をする事ができません。このため、相続手続きをするには、妻に後見人を付けその後見人が長男、長女とともに遺産分割協議をする必要があります。

 

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

 

 なんとか無事に相続手続きが終わりました。
 しかし、手続きが終わったからと言って、後見人を外すことはできません。今後も、妻が亡くなるまで後見人が付き続けることになります。

 

 

A 遺言

 

 夫は遺言を準備していました。そのため、遺産分割協議をすることなく、相続手続きが終わりました。
 しかし、認知症の妻が相続した財産は、自由に利用することができません。例えば、妻が賃貸不動産を相続した場合です。認知症の妻は、契約をすることができません。そのため、新たな賃貸借契約を結ぶことができません。また、不動産を売却することもできません。これらを行うには、成年後見人を付けなければなりません。

 

 

B 家族信託

 

 夫は、妻に引き継がせたい財産を信頼できる長女に信託します。

 

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

 

 夫が亡くなった後も、長女は財産を管理します。財産から利益を得るのは、妻となります。
 長女は、信託財産の中から、妻の生活費・施設費等を支払います。
 また、必要に応じて、不動産を売却することもできます。

 

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

 

家族信託では、夫が亡くなった後も継続することができるため、認知症の妻の安心した生活を、家族が支えることが可能となります。

【解決策】

【実現できる希望】

夫が亡くなった後も、夫の財産を妻が承継することができます。
承継した財産は、凍結することなく、妻の生活費・介護費に使うことができます。