三条 燕 加茂 田上 相続・遺言・家族信託専門行政書士

自筆証書遺言

〇本文、氏名、作成年月日をすべて自筆で書く
〇押印する

 

 

民法によると
民法第968条
1 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

 

 

公正証書遺言

〇証人2人立会いのもと、遺言者が公証人に趣旨を説明
〇公証人が文書を作成
〇遺言者・証人が内容が正しいことを確認し、署名押印
〇公証人がこれらの方式に従ったことを付記して署名押印する

 

 

民法によると
民法第969条
公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
1  証人二人以上の立会いがあること。
2 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
3 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。
4 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。
5 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。

秘密証書遺言

〇遺言者が、遺言書を作成(PCで作成・印刷でもよい)
〇遺言書を封筒に入れ、閉じ、印を押す
〇公証役場で、公証人と証人2人立会い
〇自分の遺言書である旨、名前・住所を言う
〇公証人と証人が、必要な手続きをする

 

 

民法によると
民法第970条
1 秘密証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
 一  遺言者が、その証書に署名し、印を押すこと。
 二  遺言者が、その証書を封じ、証書に用いた印章をもってこれに封印すること。
 三  遺言者が、公証人一人及び証人二人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名及び住所を申述すること。
 四  公証人が、その証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者及び証人とともにこれに署名し、印を押すこと。
2 第968条第二項の規定は、秘密証書による遺言について準用する。

 

関連ページ

遺言書とは
遺言書の基礎知識をお伝えします
遺言書の種類
遺言書の基礎知識をお伝えします
遺言書が、特に必要な例
遺言書の基礎知識をお伝えします
遺言執行
遺言書の基礎知識をお伝えします