三条 燕 加茂 田上 相続・遺言・家族信託専門行政書士

遺言書の種類

自筆証書遺言 【長所】

・費用がかからない
・書き直しが簡単
【短所】
・方式を誤っている場合、無効となる
・紛失の可能性あり
・自分の死後、見つからない可能性あり
・本人が書いたものか、争いになる可能性あり
・家庭裁判所の検認が必要

公正証書遺言 【長所】

・原本は公証役場で保管されるため、紛失の心配なし
・公証人が本人の意思確認を行う為、本人の意思を確実に示すことができる
・家庭裁判所の検認が不要
【短所】
・費用がかかる
・書き直しをする場合、手続きと費用が必要

秘密証書遺言 【長所】

・遺言内容の秘密が守られる
・手書きでなくとも、書ける(PCや代筆でもOK)

 

【短所】
・費用はかかるが、公正証書より安い
・紛失の可能性あり
・自分の死後、見つからない可能性あり
・亡くなった人が本当に書いたものか、争いになる可能性あり
・家庭裁判所の検認が必要

 

※ほとんど利用されることはありません
※隠し子がおり、その子にも財産を渡したい場合、遺言認知をする場合など。

関連ページ

遺言書とは
遺言書の基礎知識をお伝えします
遺言書の作成方法
遺言書の基礎知識をお伝えします
遺言書が、特に必要な例
遺言書の基礎知識をお伝えします
遺言執行
遺言書の基礎知識をお伝えします
遺言書作成プラン料金