家族信託 遺言 三条 燕 加茂 田上 新潟 長岡 見附 柏崎

再婚カップル

再婚夫婦には、
老後の生活で、特有の課題があります。

【事例】

相談者(B男60歳)
:私達は、お互い再婚同士です。
 子供たちは、皆、独立しており安心しています。
 ただ、私の子供たちは、再婚に反対しておりましたが、
 反対を押し切って、再婚しました。
 私が死んだ後、妻A子が安心して生活できるようにしたい。
 また、A子が亡くなった後、財産は全て
 私の子供たちに渡したいと思っています。 

 

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

 

【家族関係】
A子(60歳)・B男(60歳)は、再婚同士。
再婚に、B男の子供達は、反対していた。

 

【財産】
B男 自宅
    現金・預金
A子 現金・預金

 

【相談者の希望】

 

自分亡き後、自宅・預金を
A子に相続させたい
(A子の生活を支えてゆくため)

 

ただし、A子が亡くなったら、
自分の子供たちへ相続させたい

 

※A子も、B男と同じ希望をもっている

【検討】

@ 何の備えもしない

 

B男が亡くなった場合、
A子とB男の子供たちで遺産分割協議をする必要があります。

 

分割協議になかなか応じてくれません。

 

(子供たちは、再婚を快く思っていなかったため)

 

 

結局、

 

A子は、B男の子供たちの主張を受け入れ、
B男の自宅から出ていくことになりました。

 

 

A 遺言

 

B男が、「自宅はA子、預金は子供たち」

 

と遺言することで、手続きはスムースに。

 

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

 

しかし、A子が死亡後、自宅はA子の子供たちが相続

 

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

 

A子の場合も同様となります。

 

 

結局

 

B男の自宅は、他人であるA子の子供たちのものになりました。

 

 

B 家族信託

 

B男は、子供と信託契約を締結。

 

(自宅・預金を信託)

 

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

 

B男死亡後、第2受益者 A子

 

A子死亡後、残余財産受益者を、子供たちとする。

 

縁竹縄 エノケン終活唄めぐり

 

家族信託を利用することで

 

B男死亡後、A子は自宅で住み続けることができ

 

A子死亡後、B男の子供の元へ

 

財産が渡ることが可能となります。

【ポイント】

遺言では、資産の行き先をこのように決めることができません

 

これが可能なのは、家族信託だけです。

 

 

自分亡き後の妻(夫)の生活を支えたい。

 

そう考えるなら、

 

「子供たちが何とかしてくれるだろう」

 

という甘い考えは捨てて、

 

元気なうちに、「備え」をしておくべきです。